09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

Belle 6たそ~

2014年 11月20日 23:37 (木)

 なんとなくDAZのサイトを覗いたらBelle 6なるフィギュアが発売されていた。
 最近、濃いめのフィゲルばかり出ていたので、おっこの娘は……と思ってはみたものの、ここんとこの円安で手が出せないっぺれ~(擦)、と未だに猛者通信ネタを引きずっておる我である。

 こんな書き出しでごめんなさい。

 Belle 6、一瞬欲しいかも、との思いも禁じえない我でしたが円安云々はともかく今回は(も)パス。
 インストールマネージェルで何かアプデソでも、あ、ねいかと起動してみたらDAZ Studioが4.7になってたので早速DLしてインスチュールしてみましたYO!
ヴァージョンアッペルDA!

 ダズスタ4.7にヴァージョンアッペルDA!(まだ猛者通信引きずってました)
 猛者通信って何、という方はググッてみるといろいろ出てきます……が、特にお奨めはしません。

 *2014-11-23 追記あり*
Render Settingのレイアウトが変更
 Render Settingのレイアウトが変更されとりますね。

前のほうが使いやすかったンゴ……(現時点での感想)
 フィギュアのパラメータ設定とレイアウトが統一されたみたいですね。
 レンダリング設定に関しては前の表示のほうが見やすかった、との感を禁じ得ませんが……慣れるまでの辛抱でしょうか。

これは前と同じだね
 これは以前と変わらず。

レンダリングウィンドウの背景が市松に
 レンダリングウィンドウの背景が市松になってました。
 透過png感全開っつうトコですか~!

ちゃんと透過pngです
 もちろん普通の透過pngとして保存されます。

Render Editerで保存
 Render Editorで保存すると背景が塗りつぶされて透過pngにならない、って、以前のバージョンもそうでした。
 そういえば、Render Editorで透過pngを保存したいときはどうすればいいんでしょうね。


 本当にどうでもいいことなんですけどね、バファローベルを○○たそ~、って書くときは”ベル”、ではなく”べる”とひらがなで書きたい派です。Belle 6たそ~なんて書いたからには一応触れておかないと。
 べるたそ~!


 猛者通信を引きずった書き出しが読みづらかったらごめんなさい。
 でも一度は猛者通信を再現してみたいなどと思っております。

 おやすみなさい。



 *2014-11-23 追記*
つつついにDuplicate搭載DA!
 今気付いたんですけど、ついにとうとうやっとこさDAZ StudioにもDuplicateが搭載されました。
 "しれっと"という言葉がこれほどまでに似合う地味で控え目でさりげない新機能搭載、ヴァージョンアップ時には全く気配すら感じませんでした。

複製完了
 さっそくデュプリケイツ実行。もちろん複製したては重なった状態。

重なっているからずらす
 ずらしてみた。

ちゃんと独立したフィギュアとして扱われている!
 ちゃんと個別に設定できます。

 何故こんな基本的な機能が今まで搭載されていなかったのかは大いなる謎ですが(4.6までは確かに搭載されていなかったと思うが……)、これで同じフィギュアやプロップを複製したいときの利便性が大向上しました。
 ひっそり、しれっと追加されていたのは今まで無かったことに対する罪悪感の成せる業なのやも知れませぬ(もしかしたらDAZのページで英語で書いてあるのかもしれませんが読むの面倒臭いもーん)。

 今までは同じフィギュアを呼び出してCtrl+C/Vでパラメータをコピペしなければならないという手間かかりまくりんぐな不親切設計だったのですよ。
 インスタンスを使えば複製は可能でしたが、それだとポーズやマテリアルの変更が不可能でしたからね。
スポンサーサイト

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント