09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

幸せになるための、ほんの少しの勇気

2016年 11月06日 11:47 (日)

 それは11月2日(水)の出来事。

 正午前、仕事で同行していた設備業者のS水さんと何度か入ったことのあるラーメン屋で昼食を共にした。
 いつも込んでいる店だが、タイミングが良かったのか並ばずに入ることができた。
 今までにから揚げセットと餃子セットは注文したことがあるが、注文したくてもどうしてもできないメニューがあった。

 Cセット。

 お昼のサービスセットの一角を担うラーメンとチャーマヨ丼のセットである。


 チャーマヨ丼。
 チャーマヨ……

 マヨネーズが苦手な者にとってはそもそも選択肢に入らないメニューではある。
 しかし、ただのチャーシュー丼はメニューのどこを探しても見つからない。
 メニューの紙の裏側に隠しメニューとして載っている可能性もおそらく無いであろう。
 そこでほんの少しの勇気を出してこう注文した。

 『Cセット、マヨ抜きで!』

 店員のニイちゃんからは若干こちらの想像と違うリアクションが返ってきた。

 『えっマヨネーズ…抜き…ですか?』

 『はい』

 てっきり『はい、マヨ抜きですね』というスムーズな応答があると思っていた、いや、思い込んでいたのだが、明らかに想定外の注文に一瞬戸惑った応答だったのである。

 この店でチャーマヨ丼マヨ抜きの注文がどの程度行われているのか知る由もないが、少なくともこの店員のニイちゃんは

 『マヨ抜きで』

 という注文を受けたことは無かったのだろうということは容易に推測できた。

 チャーマヨ丼という、チャーシューとマヨを同時にプロデュースしているメニューである以上、

 『マヨ抜きで』

 という注文方法はイレギュラーなものであることは認める。
 認めるけど、世の中にはマヨが苦手な者もいるということを考慮して、マヨの無い普通のチャーシュー丼もメニューに加えていただきたい、と思うのはエゴなのだろうか……

 マヨ抜きのチャーマヨ丼はとても美味しかった。




 というわけで、11月2日(水)のランチタイムの攻防を今になって書いてみました。
 別にネタにするほどのことでもないかなぁ、と思って書かなかっただけなんですけど。

 マヨが全くダメと言うわけじゃないんです。
 ポテサラは平気だし、ごく稀にですが醤油マヨネーズをつけるときもあります。タルタルソースは好きです。
 ただ、マヨが全面的に押し出てくるとダメなんですね。
 お好み焼きでもマヨ使わないんです……マヨとソースが混じると絶望的にダメなんです。
 回転寿司でもタッチパネルではできないので店員さんを呼んで

 『マヨ抜きで』

 って注文します(えびアボカドは除く)。
 タッチパネルでマヨの有無を選べたらいいのになと切に望みます。

 そうそう、チャーマヨ丼の不意打ちを食らったこともあります!
 今年の8月、谷町の、えーっと、谷六なのかな、油そばの店に入ったんですよ。
 辛い油そばとチャーシュー丼のセットを頼んだんです。
 チャーシュー丼としか書いてなかったのに、しっかりマヨがかかっていました(^-^)
 心の中で半泣きになりながら食べましたが……やっぱりマヨの自己主張が激しすぎて厳しかったです。
 今度その店に行くことがあったら

 『マヨ抜きで』

 注文しようと思います。

 マヨはねぇ、好き嫌いが分かれる……
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

Re:幸せになるための、ほんの少しの勇気

2016年11月11日 22:43

タイトルがベストセラーの本のようですね。

・・・で幸せって、案外そんなものなのかもしれません。

Re:幸せになるための、ほんの少しの勇気

2016年11月12日 23:45

>> あおば映治さん

内容とのギャップが大きい記事タイトルにしようと思ってこんなタイトルにしました。
言われてみれば、こういうタイトルの本あるかもしれないですね。

大きな幸せ、小さな幸せ、自分にしかわからないような幸せ、幸せにはいろんな形があります。
些細なことでも幸せだと感じられたら、それはとても良いことなのだと思います。

追いかけすぎると遠ざかる気がする、というのはネガティブな思考でしょうか……